2007年06月16日

「空の向こうに風は吹くのじゃ」43

前回を見る

第2章 「ペッパー」

第9話 「ラスト バイセコー」

急な登り斜面の頂上付近は
明らかに賑やかしい太陽の光が見えた。

タイムリミットを5分弱 残してのゴール

ゴールしてみれば 
「楽勝 楽勝」と呟く僕は
どこまでも 図々しい。

頂上はダムが一面に見渡せる展望台になったおり
すでに大勢の観光客がダムの開く所を待っていた。

周りを見渡すと
案の定 自転車での山登りは僕だけらしく
少々 気恥ずかしい。

頭の中は「ホットドック」だった僕は
とりあえず 食べ物屋を探したが
残念な事にアイスクリームの「でみせ」しかなく
しょうがないので
「スニッカーズ」と「コーラ」を買って
ダムが開くのを待った。

ダムが開くシーンが観光名所になっている以上
どうしてもテレビで良く見る
「ナイアガラの滝」みたいなシーンを想像していたが
意外に「ふつ〜」だった。

余談だが
♪「おなかが すいたら すにっか〜ず!!」♪
と 歌うだけあり 
スニッカーズ 1コで空腹感がなくなった。

「すげ〜 スニッカーズ」



トレッキングコースは
ダムから流れる川沿いの山道を利用して作られており
川を挟んで逆側は車も通れる一般道に整備されていた。

帰りは一般道を通って帰ることに

多少のアップダウンはあるが
行きの山道よりは遙かに走りやすい

アスファルトで整備された坂道は風が気持ち良い

空の向こうに風が吹いて 気持ち良い

汗が乾いて爽やかになったので今日はとても良い日だった。

ちなみにバイセコーとは
YHのオーナーがしきりに連発する
「Bicycle」の発音が「バイセコー」と聞こえる事を意味する。

続く・・・





 












posted by たろー at 22:02| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NZ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。