2007年07月13日

「空の向こうに風は吹くのじゃ」50

前回を見る

第2章 「ペッパー」

第16話 「ハプニング」

タウポから2時間弱でネーピアに着いた。


相変わらず どんより厚い雲は 
頭のすぐ上にぶら下がっている。

今にも雨が降りそうなので
ペッパーと一緒に足早にYHに向かう事にした。

バスの停留所から歩いて10分程度の所に
「ネーピアYH」はある。

海沿いに面した ちょっと古びたYHは
今までになく哀愁を感じるが
どことなくパーネルと同じ臭いがして
少し懐かしい・・・

とりあえず YHに入り チェックインを済ませる。

すると

「・・・・・・・」


「ん?」   「ん んん ?」

どうも ペッパーの様子がおかしい・・
YHの受付カウンターに座る女性オーナーの様子もおかしい

「え?! 部屋が開いてない?」
「だってタウポのYHで予約しなかったの?」
「え? してないの〜?」

ということで ペッパーは英語がしゃべれるのに
YHの予約をしておらず
あいにく YHの部屋は満室だったため
違う宿を探すハメとなった。

YHから歩いて10分くらいの所に
BP(バックパッカー)があるらしく
そこは多層階のマンションのような建物で宿賃は多少高いが
部屋数は豊富にあるらしいとの事

とりあえず 小雨の降る中
ペッパーの宿探しに、BPまでついて行く事にした。

不満とストレスだらけの一人旅に
「ワクワク」という一筋の光が見えた!
と思っていた矢先にこれかよ!!

ネーピアのどんより空色が僕の心の中とリンクする。

続く・・・
posted by たろー at 20:03| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | NZ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。