2007年11月17日

「空の向こうに風は吹くのじゃ」57

前回を読む

第2章  「ペッパー」

第23話 「無計画」

僕とペッパーとの大きな違いは「計画性」である。

ペッパーはNZでの長期休暇を満喫するために詳細に計画を練り
充実した一人旅を進めている。

一方僕はというと、基本的に「のんびり旅行」が目的なので
だらだら感たっぷりの風の吹くまま
時の流れに身をまかせ・・・

そんな2人が一緒に旅をしているのだから
2人の間に多少の温度差はでる。

せっかく来た首都ウェリントンだから
「もう少しゆっくりしていけば良いのに」と思うのだが
これといって観光名所のないウェリントンはペッパーにとって
ただの通過点でしかないようだ。

しかしながら 僕自身の旅を分析するとペッパーの様に
これといって目的がないから進路の方向性を失い
先行き不透明だから中途半端に不満が出るという
悪循環のスパイラルに絡まっている事は間違いない。

そんな 中途半端な僕でもなんだかんだとハプニングがあるので
一人旅は面白い。

しかも 当時つけていた日記を読み返して
ブログに清書しようと思うほど
後半はとても盛り上がる。

本来であれば年内には完成の予定であったが
最近 かなりサボっていたので全く進んでいない・・

原因は「ペッパー」の章だね

ペッパーとのくだりは、まともに書いたら恥ずかしい。
このころの日記は文脈が「ひとりセンチメンタルジャーニー」なので
10年後の僕が読んでも、ちょっと寒い・・

しかしここを「ズバッ」と割愛してしまうと後に繋がらないので
困ってしまう。 

以上 言い訳でした。

続く・・・

 






posted by たろー at 16:14| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NZ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67107537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。