2008年02月01日

評価基準

A 5つの評価基準

@ 音楽  ・・・・映画に音楽は欠かせないです。
A 喜怒哀楽・・・・笑い 涙 スリルなどの総評です
B ラストシーン・・終わり良ければ全て良しです
C 格好良さ・・・・格好良い!は重要です
D おすすめ度・・・「これ是非見て!」が重要です

B 基準映画

基準映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にします。
理由・・・メジャーだしバランス良く面白いから

C 基準値

すべての基準値を「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は
10点中7点にします。

D 5つの評価基準の基準値

@ 音楽  ・・・・「BTF」の音楽は7点
A 喜怒哀楽・・・・「BTF」の笑いや感動は7点
B ラストシーン・・「BTF」のクライマックスからラストシーンまでを7点
           
C 格好良さ・・・・マイケルJフォックスやデロリアン等映画全体
          の格好良さは7点(上映時期は考慮する)
D おすすめ度・・・「BTF]は10人中7人には進めたい!

E MJライン

「D」をまとめると「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は
35点ということになる。
35点以上の映画は僕の中で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
より面白い映画となる
この35点のラインをMjライン(マイケルJフォックスにちなんで)と名付けよう
スキージャンプのK点みたいなものだ。

F 採点方法

例えば 今回見た映画の「音楽」は「BTF」より2点落ちくらいかな?と思ったら5点なわけで でも「格好良さ」は今回見た映画の方が2点は良い!と思ったら9点なわけだ。
ようするに バランスの良い映画が高得点となり
結局 面白い映画となる。










 
posted by たろー at 00:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。