2008年02月06日

「笑の大学」

warai_l.jpg

星 護/2004/日本

(監督)
星 護

(キャスト)
役所 広司
稲垣 五郎

2004年 公開

〜内容〜
三谷幸喜脚本の同名舞台を映画化
メインキャストの2人が取調室という密室だけで繰り広げる
「笑い」のエンターテイメント

〜近況〜
「なにか邦画を観よう」とレンタル店で1時間以上迷って借りた作品です。
正直期待していなかったのですがとても面白かったです。
なんだか真剣に「舞台をみたいな〜」と思いました。

〜評価〜

@音楽
臨場感がとても出ていました
4点

A喜怒哀楽
声を出して笑うシーンがいくつかありました。
しかし「ギャップ」って「笑いのツボ」のひとつですね
6点
喜怒哀楽の基準は、なにか一つでも飛び抜けていたら高得点です。

Bラストシーン
ん〜悪くはないけど物足りない。
ラストはもっと「そうきたか!!さすが三谷幸喜うまい!!」を期待しました。
4点

C格好良さ
役所広司は はまり役ですね。
5点

Dおすすめ度
「有頂天ホテル」よりは、はるかにおすすめします!!
6点

合計25点

ただいまのランキング

評価基準
posted by たろー at 16:08| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82675588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。