2008年03月15日

「ボーン・アイデンティティー」

upj2_1.jpg

ダグ・リーマン/2002/アメリカ/アクション

(監督)
ダグ・リーマン

(キャスト)
マット・デイモン
フランカ・ポテンカ
クリス・クーパー

2002年 公開

〜内容〜
記憶を失った男が、姿の見えない組織から命を狙われながら、体が覚えている戦闘術を頼りに自分を捜すサスペンス。
マット・デイモンが持ち前の知性に加え、特訓で鍛えた肉体を擁して主人公ボーンを好演。

〜近況〜
知人からスパイ物では「ミッション:インポッシブル」より面白いと聞いて借りてみました。
主人公ボーンのやたら高いポテンシャルが勝手に体を動かす所がとても格好いいです。

〜評価〜
@音楽
4点

A喜怒哀楽
地味なマッド・デイモンが演じる「地味に強い主人公」が映画をリアルに引き立てます。
どうせならカーアクションも最小限度に押さえて、もっともっと地味に映画を構成した方が面白かったりして・・
6点

B格好良さ
マッド・デイモンもかなり格好いいですが、個人的にはクリス・クーパーがお気に入りです!
7点

Cラストシーン
次回作の「ボーン・スプレマシー」も期待できそうです。
5点

Dおすすめ度
「ボーンシリーズ」の最新作「ボーン・アルティメイタム」がレンタル開始しました。
最初から観ないと話が繋がらないみたいです。
5点

合計は 27点

ただいまのランキング
posted by たろー at 18:34| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89682150

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。