2008年03月18日

「ライフ・イズ・ビューティフル」

la-yie-est-belle.jpg

ロベルト・ベニーニ /1998/イタリア/戦争ヒューマン

(監督)
ロベルト・ベニーニ

(キャスト)
ロベルト・ベニーニ
ニコレッタ・ブラスキ
ジョルジオ・カンタリーニ

1998年 公開

〜内容〜
カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。

〜近況〜
僕は「ニューシネマパラダイス」という映画がとても好きなんですが、その事を知人に話した所 この映画を薦められました。
同じイタリア映画という事もあり見る前から期待が膨らみます。

〜評価〜
@音楽
4点

A喜怒哀楽
泣けませんでした
共感出来ませんでした。
悪くはないけど ハードル上げすぎでしょうか?
4点

B格好良さ
ナチの強制収容所という極限状態の緊張感が伝わりませんでした。
4点

Cラストシーン
僕の知人はラストを過剰に評価していました。
4点


Dおすすめ度
いろいろなレビューを見ると「ニューシネマパラダイス」が素晴らしいという人もいれば、共感できないという人もいます。
今回の「ライフ・イズ・ビューティフル」も同じ様に意見は分かれます。(当たり前ですが・・)
「ニューシネマパラダイス」のラストで泣けない人がとても勿体ないと僕が思うように
「ライフ・イズ・ビューティフル」のラストで無感動の僕を「感受性の低い人間なんだな〜」と人は思うのでしょう。
ようするに 人によって感じ方は全く違うということです。
映画っておもしろいです。
4点


合計20点

ただいまのランキング
posted by たろー at 22:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。